リフォームのタイミングとは?

リフォームのタイミングというものは、大きく分けてふたつの動機に左右されます。

  • ”古くなったから””壊れたから”という理由で、必要に迫られてリフォームする場合
  • ”デザインが良いものにしたい””高機能なものに変えたい”という改善欲求が強くなりリフォームする場合

必要に迫られて行うリフォーム

一般的な目安

キッチン 10~20年 コンロの点火不良、レンジフードの作動不良、扉の作動不良、汚れ・傷
トイレ 10~20年 便器・タンクの水漏れ、部品の破損、汚れ・傷
風呂 10~15年 水栓金具の不良、汚れ・傷・カビ
洗面所 10~20年 ボールからの水漏れ、鏡の破損、汚れ・傷
室内ドア 15~20年 建付け不良、経年劣化による反り
10~15年 表面のはがれ、けば立ち、汚れ・傷
壁紙 10~15年 はがれ、汚れ・傷
玄関 20~30年  建付け不良、錠前の作動不良、汚れ・傷
外壁 15~20年 割れ、漏水、汚れ・傷・色あせ
20~30年 ガラスの割れ、建付け不良、漏水、汚れ・傷
屋根 10~15年  漏水、汚れ・色あせ

それでも使用の限度に達してしまった時は仕方ありません。上記はあくまでも目安です。
乱雑に扱えばもっと短命で終わる場合もありますし、日ごろから大事に使用されていると上記年数を経てもまだまだ健全な場合もあります。
何か異常があった、気になるところがある、そういった場合は最初の状態から何かしら変わっているものです。
使用に差し支えなくても、その段階で一度チェックされると、補修や修理で済むこともあり、部分部分の寿命も延びます。
結果的に、一度に高い費用をかけなくて済む場合が多いです。
また、不注意による破損で交換を強いられるケースもありますので、取扱説明書をしっかりと読み、
正しく使用・メンテナンスを日ごろから行うことも重要です。

まずはご相談ください。

改善欲求によるリフォーム

知人の家を見たり、話を聞いてうらやましくなった
TV番組や雑誌などでおしゃれな家を見た
元々の家や設備機器にはついていない機能を使えるようになりたい

住宅設備機器や建材の最新機能には目を見張るばかりです。
こんなものがご自宅にあれば、お客様にも鼻が高いかもしれませんね。

キッチン

0603_SA_1012A

http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/

お風呂(ユニットバス)

1302_LV_1019A

http://www.lixil.co.jp/lineup/bathroom/

トイレ

160428905

http://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/

洗面化粧台

160640003

http://www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/
お手入れも簡単、てまなし排水口
無意識の使い過ぎを防ぐエコハンドル
湿気を吸収する壁材エコカラット

窓まわり

1601_SA_1120A

http://www.lixil.co.jp/lineup/window/

玄関周り

1212_LV_0017A

http://www.lixil.co.jp/lineup/entrance/

上記以外の製品を見る

ピックアップ記事

  1. 玄関ポーチに吹き溜まりが出来てしまう悩みをかかえる札幌市…
  2. 突然ですが、これ何かわかりますか? 実はこれ、…
  3. 今回ご紹介させて頂くのはT様邸の風除室工事です。 T様は今年…